占いについて

意外と知られていない占い

ここでは、知ってるようで、意外と勘違いされているウラナイの事などを中心に・・・ まず、ウラナイには 大別して 西洋系(タロット・西洋占星術 等)東洋系(易・四柱推命 等) に世界観が分かれます。 各々独自の世界観がありますので、占いを習う場合には。 ポリシーをもって、チャンポンは避ける。 例えば、タロットと西洋占星術は 西洋神秘学体系の中に属していますから、その思想は 共通しており 考え方に互換性(学ぶ内容に共通点があると言う事)があります。 ですから、ウラナイを学ぶ時には、同じ世界観を持ったウラナイを学ぶ方が楽だと 言う事が察しがつくと思います。

占い師に必要な占法

西洋占いの世界は、タロットと西洋占星術が代表しています。 この2つを習得すればOKです。 2つと言うと、2つもか・・・ と思うかも知れませんが、じつはこの2つは 全然違うものでは ありません。 同じ西洋神秘学思想の中にあり、共にイメージの占いなのです。 共通する文化と理論、知識がありお互いを補完し合っています。 この2つを、別物と考えずに 2つあれば更に完成されると思って下さい。 そして占いは、占いの技術と知識だけでは そのパワーは、ほとんど発揮されません。 占いを理解するには、その背景にある西洋神秘学の文化を理解しなければ 表面的なものになってしますのです。